プレ花嫁さま

私は結婚式を挙げました。
良い結婚式だったと今でも思っています。
ですが、この映像を見て思った事があります。

挙式が30分と披露宴が2時間30分
この3時間が結婚式だと思っていました。
その時間に全てを詰め込み完成させるイベントだと。

でも、それは違ったんです。

結婚式は、あなたが生まれて、生きてきた証で
あなたのお母さんが産んでくれて、育ててくれた証。
かけがえのない大切な人に出逢い、支えらてきた証。
その証は人それぞれです。

だからこそ、その3時間に至るまでの時間を
どのように思い返して、どれだけ大切に
過ごすのかがとても重要なんだと。

インスタ映えが流行って、結婚式に自由をが溢れる
そんな今の時代だからこそ
わたしは、誰の為に、なぜ結婚式をするのか。

それが、一番大切だったんだな。

何かと比べるんじゃなくて
人生や、想いと向き合える
そんな時間を過ごせるのなら
もう一度挙げたいです。

私のほんとの結婚式を。
あなたは誰のためを結婚式しますか?
Masuda Reiko

ヴィラデマリアージュでボンマリアージュが生まれるまで

結婚式場で行う、その結婚式場の特徴を活かした、
式場のウリを出した結婚式ではなく
新郎新婦の事を、誰よりも知っているゲストが
「ああ、このふたりの結婚式に来たな」と思えるような
時間と空間を、どうすれば生み出せるのか?

そのために、ヴィラ・デ・マリアージュの結婚式は
結婚式に至るまでに2回以上のヒアリングを行い
プロデューサーとコーディネーターが
ふたりの人生に入り込みます。

時には、この映像の様に親御様の元へ行き
子育ての想いや、様々なことを教えてもらいます。

そこで「あ、これを提案したい!」
と思えるコンテンツが生まれます。

結婚式は、式場の「モノ」ではなく、
ふたりと、ふたりを知る大切な人たちの「コト」です。
「家族と家族」、「人生と人生」が交じり合う1日です。

Bon Mariage
(最高の結婚式)

そんな1日に出逢えるお手伝いが
少しでも出来たら良いなと思っています。

あなたは今、どんな人生を歩んでいますか?