ヴィラデマリアージュ長野 Villa des mariages Nagano

パーティーレポート
Party Report

full SMILE

清水家/小林家

どんなときでも味方でいてくれたこと
いつも全力で向き合ってくれたこと
心から応援してくれたこと
大好きなみんなのおかげで今のわたしたちがここにいます
今日は二人らしく笑うから
「full SMILE」
これから先もこの笑顔を守れるように
何があっても笑い飛ばせるように
ありがとうを伝えるあたたかなおもてなしを

笑顔が最高に素敵なおふたり。新婦様の好きなところを伺ったときに新郎様が
「全力で笑う笑顔!」と教えて下さった時がウェディングネームの誕生した瞬間でした。

以前担当させていただいた新郎新婦のご結婚式、ヴィラ・デ・マリアージュで出逢ったおふたりは
出逢ったのと同じ日に、そして出逢った場所で結婚式を挙げることを決めて下さいました。
ゲストの皆様をお迎えしたのはウェルカムカーとおふたりの笑顔!
最高の1日が始まる予感が溢れていました。

お母さんとバージンロードを歩く前、ラコンテのお部屋でお母様からのお手紙。
ありがとうを伝えたいのはお母様も一緒。

誓いの言葉も両家のお母様から「大切にして欲しいこと」を問いかけていただきました。
ゲストを主役にしたおふたりらしい人前式は笑顔に溢れていました。
堅苦しい挙式ではなく、おふたりが大切にしたのは大切な人の笑顔。
思い描いた以上の時間が挙式から、そこにありました。

「おめでとう」が溢れたフラワーシャワー。
そしておふたりが楽しみにしていたのはゲストの皆様とワイワイ出来るアペリティフタイム
最高の五月晴れの下、ガーデンでウェディングケーキ入刀
歓声が飛び交い笑顔が溢れていました

「入場」は無し。ゲストの皆様とご一緒に会場に入りメインのソファーにお2人が揃うと
それはパーティースタートの合図でした。
アペリティフの余韻をそのままにゲストの皆様に大いに盛り上げていただいたパーティーとなりました。
おふたりが思っていた以上にご友人も職場の方々も、ご家族も
おめでとうで溢れていた時間はあっという間に過ぎていきました。

お見送りの後、最後のサプライズは新郎様のお母様からおふたりへのお手紙。
「大切な人に感謝を伝える日」おふたりが思っていた以上の想いに溢れた1日となりました。

結婚式が終わったあと、結婚式を振り返ってお話をさせていただいた際に
お2人から「ヴィラ・デ・マリアージュの決め手は『人』でした」と嬉しいお声をいただきました。
「自分達のフワフワしているイメージを1つ1つに形にしてくれてワクワクした」ともったいないお言葉。

ご縁が繋いでくださったおふたりとの出逢い。そして本当に楽しかったお打合せ。
おふたりのその笑顔が出逢った時から今までもこれからも大好きです。
本当に幸せな時間をありがとうございました。心からの感謝を込めて。
またお会い出来る日を楽しみにしています!

Mariage coordinator Marico Miyagawa

こちらのパーティーレポートを実際に御体感出来るフェアもご用意しております。
詳しくは下記ご参考くださいませ。

ブライダルフェア
レポート一覧に戻る
ブライダルフェア 資料請求